万が一、給湯器が水漏れしたら保険は適応になる?ならない?

水回りトラブルの中で困るものの中に給湯器の水漏れがあります。お風呂、キッチン、洗面でお湯が使えなくなるのは生活に支障をきたします。特に、給湯器は屋外に設置している家庭も多いのではないでしょうか。トラブルに気づくのが遅れてしまうと、大きな出費がかさんでしまいます。そんな時、保険が適用されることがあれば少しは金銭的負担を軽減することができます。しかし、すべての保険で保証されるわけではありません。万が一、トラブルが起きた際に焦ることなく対応できるように、ぜひ知っておいた方がよい保険の情報をお伝えします。

■給湯器の水漏れに対する保険

そもそも給湯器のトラブルに対する補償は、火災保険に加入したからといって自動的に適用されるわけではありません。給湯器に対して適用させるためには、任意で火災保険に特約をつけることが必要です。火災保険の内容は各種保険会社にて異なっています。加入先を選ぶ時にまず、確認することは電気的機械的、事故特約があるかどうかです。そして、これが給湯器に対して適用になっているかどうかを確認します。保険会社によってさまざまメニューがあるため、しっかり確認してから加入します。


■実際に保険が適用になるケース

実際に火災保険に加入し、水漏れが補償の対象であることを前提に実際に補償される例、されない例などを紹介します。補償が受けられた例には、トイレのタンクや便器からの水漏れ、排水溝の詰まりが原因の水漏れ、さらに冬場の水道管の凍結が原因の水漏れなどが挙げられます。反対に補償が受けられなかった例として挙げられるのは、長年の使用が原因の破損、故障での水漏れ、浴槽のお湯を張りすぎ溢れてしまったことによる水漏れのケースです。また、自分の建物以外にも被害を及ばしてしまった場合に損害賠償の負担を減らすことのできる保険が個人賠償責任保険です。マンション等で水漏れし、下の階の自宅まで被害が及んだ場合、それが原因で物が壊れるなどの被害を与えてしまった場合に適用されます。

■まとめ
給湯器の水漏れは突然起こります。そして、その際に最小規模の被害で済めばよいですが、そうではないケースもあります。そんなときに慌てることのないように、事前準備として、保険への加入、今加入している保険の内容を確認しておくことが大切です。特に集合住宅では、ほかの住宅にも影響を及ぼしてしまうこともあります。二次被害を防ぐためにも考えておくべき大切なことです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ